住宅ローンの審査に通らない、その理由が分かりません

入社六年目のサラリーマンです。念願のマイホーム購入に向け、現在、妻と相談しながらいろいろなプランを考えているのですが、先日、少し残念なことがありました。実は、住宅ローンの審査に落ちてしまったのです。

住宅ローンの審査に通らない、その理由が分かりません。

審査のポイントは年収と、過去のキャッシング履歴です

住宅を購入するというのは、ほとんどの人にとって一大事ですよね。一生のうちでそう何度も経験することではありません。当然のことながら、マイホームの購入代金を一括で支払える人というのはいないでしょう。いるとすれば、長者番付に毎年名前が掲載されるような大富豪だけです。

住宅ローンを組む際、銀行からお金を借りる人、消費者金融からお金を借りる人、いろいろな人がいますが、一般的に言って、銀行からお金を借りる場合の方が、その際の審査の条件が厳しく、具体的には十分な年収があると認められない限り、ローンを組ませてもらえません。

そうすると消費者金融に頼ろうか……と考える人が多いようですが、相手が消費者金融だからと言って、急に条件の壁が取り払われて誰でも楽にお金を借りられるということはないのです。当然、審査があります。条件は、銀行のそれに比べれば少し緩いかなという程度。

住宅ローンの審査を通過できず困っている人は、今一度、自分の年収と債務の状態を確認してください。例えば、他の消費者金融~借りているおかねはありませんか。それがたとえまだ踏み倒したものでなくても、すでに他社からの借り入れがあるという時点で、住宅ローンを組むことは難しくなります。審査の際に厳しく判断されるポイントだからです。

それからよく言われることですが、住宅ローンを組む場合は、最低でも年収で450万円程度は確保してください。家を買うというのは、たとえローンを組んだとしてもそう簡単なことではないのです。借りたお金をいずれは返さなければならない以上、十分な支払い能力があると判断されなければならないのです。

住宅ローン審査に通らない理由とは何なのか

住宅ローンは様々な借金の中でも最も大きな借金になる可能性があるものです。借入枠が大きくなり、返済も数十年単位の長期返済になりえるものですから、貸す側としても慎重に審査を行うものになり、好条件の住宅ローンは通りにくいものです。住宅ローン審査に通らないという方は、その理由は何なのか気になる所です。

返済能力があるかどうかの確認で業者の基準に満ちていない場合は落とされる事になります、安定した収入があり、他社借り入れがなく、過去の返済履歴に傷が無い事等が条件になるので、過去に消費者金融等で借入経験があるという事でも落ちてしまう事もありえます。他社のカードを利用しているだけでも弾かれてしまう事もあり、消費者金融のカードローンを利用していて返済遅れ等があったとしても不利になってしまいます。※そんな方でも借入れできる会社をご紹介中:【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり!

好条件で住宅ローンのような大きな借入を行いたい場合は、普段からお金のやりとりはしっかりと行い、何か支払等があった時は確実にルール通りに返済して使っておく必要があります、金融業者等での借入の履歴は過去五年にさかのぼって記録されているので、その間に信用情報に傷がつくような行動を取っていない事が大切になります。

少しでも条件が良いローンを組む方が良いですし、借入額が巨額になるぶん金利が僅かでも違うだけで大きな差になってきます、将来的に住宅購入の時に住宅ローンを組む考えを持っている方は、金融業者からお金の借入を行わずに生活しておく方が良いですし、使ったとしても確実に完済して、複数社のカードを持たないようにしておいた方が良いでしょう。

頭金を多く用意しておくのも審査通過しやすくなりますし、借金が無い状態にして、なおかつ過去の履歴も悪くないとう状態で申込みを行うのが望ましいです。そして返済計画を入念に練った上で借入を行うようにしましょう、大きな借入になり長期間返済生活を送る事になりますから、生活の負担にならないようなローンを組みましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 銀行ローンを組みたいならココ!※同時審査にお勧めの金融も! All Rights Reserved.