無職の立場では、カードローンの審査に何か問題がありますか?

社会人三年目の元サラリーマンです。大卒後に入社した会社で仕事が上手くいかず、職場の体質が肌に合わないと感じた私は、思い切って転職を考えることにしました。転職といえば人生の大事なので、実行に移すならその時期は早い方が良いと考えたのです。ただ、転職するとなると当然、それまで勤めていた会社を辞めることになるわけですよね。仕事をごく普通に続けながら転職活動ができればそれがベストなのでしょうが、なかなかそううまい話はありません。転職活動中に無職の期間ができてしまうということは、大いに考えられることです。そういう機関については、とりあえず消費者金融を利用してしのごうと思うわけですが。

無職の立場では、カードローンの審査に何か問題がありますか?転職を経験された方など、有益なアドバイスをいただければ幸いです。

すでに転職先が決まっているなら、問題なくキャッシングできます

転職活動に際し、一時的に給与が受け取れなくなる状態を消費者金融で埋め合わせようと考える人は多いです。消費者金融からキャッシングを受ける際には、在籍確認というものをパスしなければなりません。これはすなわち、あなたがきちんと申告した職場で働いているのかどうかを確認する作業です。

消費者金融の担当者が企業に電話をかけるわけですが、電話の意図は全く分からないように配慮されるので、プライバシーは守られます。これがもし完全に無職の立場であれば、在籍確認をパスすることが難しいので、キャッシングを受けることはできないでしょう。消費者金融からお金を借りたければ、自分はきちんと働いているということが証明できればいいのです。

無職がカードローン審査に通るにはどうすればよいか

無職でも借金を行いたいという方は多いです。原則として無職の方はカードローン審査に通らないですから、なにかしら職をもって収入の流れを持つ事が必要です、返済能力を問われるので、成人以上で収入がある方が金融業者で借金を行なう為の最低限の条件になります。ただし、無職でもカードを利用出来る例もあります。専業主婦の方ならば無職無収入でも旦那さんの収入証明書や婚姻関係を証明する事によってカードを利用する事が出来ますし、新規で申し込んでも通常のカードのサービスを受ける事が可能です。

カードの申込みをして通りやすい業者と言えば消費者金融になります、銀行と比べても通りやすいですが、金利が高いので利息負担が大きくなります、ただし消費者金融でも無職の方は申し込みが出来ませんし、大手消費者金融よりも通りやすい中小消費者金融でも無職無収入では返済能力が無いと判断されて利用は難しいです。アルバイトやパート等で働く時間が少なったとして収入の流れを持つ事が重要で、カードの申込みを行う時はまずは収入の流れを持つ事で利用出来るようになります。働いた経験があって過去にカードを作っている場合は継続使用が可能ですし、新規で申し込む場合でも返済履歴が悪くなければ自営業として職業を記載する事で通る事もあります。それは過去の実績から信用がある場合ですし、働いた経験もなく職が無く収入が無い状態だと申込みを行う事は出来ないです。

借金を行う以上は返済出来るという見通しを客観的に示す必要がありますから、返済してくれそうというような主観的判断ではお金を貸してはくれません、それが通用するのは知人や家族等からお金を借りる場合で、金融業者からお金を借りる為には客観的に返済能力を示して、信用される必要があります。いずれにしても借入を行った場合は利息を負担して返済する必要があります、返済負担額を考慮して返済計画を立てて、確実に完済出来る場合に借金を行うのが望ましいです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 銀行ローンを組みたいならココ!※同時審査にお勧めの金融も! All Rights Reserved.